NOSEYO RECRUITMENTINTERVIEW.03

ひとつの現場がひとつの会社のように
責任感と一体感で現場を作り上げていく

入社6年目 / 工事部


現在の仕事内容

給排水・空調設備工事の施工管理を担当

入社前は1級建築施工管理技士の資格を生かして建築工事の現場管理をしていました。
入社後、社内勉強会に参加するなどして給排水・空調設備工事に必要な資格を取得し、最終的に1級管工事施工管理技士を取得しました。あわせて実務での経験を積み、現在では現場にて給排水・空調設備工事の現場管理をしています。
特に小中高校・官公庁・民間施設などの大規模な空調設備に関する工事を担当することが多く、業務内容は施工図・書類の作成、工事写真の撮影、下請業者の選定および作業の指示や発注者の方との打ち合わせなどです。

私は現場ごとに配置される現場代理人という立場の現場総括責任者として現場に携わっています。
ひとつの現場はひとつの会社のようになり、社内の現場技術者はもちろん、発注者・建築ほか他業種の方々・協力会社の方々と、力をあわせて現場を作り上げていくことにやりがいを感じます。
また、完成後も自分たちが施工した建物が末永く多くの方々に使用されているのを見ると、とても喜びを感じます。

職場の雰囲気は?

応援してくれる職場

社内での勉強会や技術検討会、社外講習などに多くの参加機会があり、自信につながりました。新しい知識の習得や、資格取得、また新しい現場などひとりだとなかなか踏み出しづらいのですが、会社が一団となって力強く後押し、応援してくれる雰囲気です。

一番印象に残った仕事は

超大型重機が圧巻だった東近江合同庁舎

既設空調機の熱源となる巨大な冷温水発生機を撤去する際、130トンのレッカー車を使用しました。
工事業務に携わっていなければ、一生見る機会もないような超大型レッカーでした。
事前に十分な打ち合わせをしたり、関係各所と調整したりと普段とは異なる段取りに苦労した分、当日のレッカーの吊り上げ作業は圧巻で万感胸に迫る思いでした。

仕事で心掛けていること

現場の安全と専門業者としての品質を大切に

何より一番大切なことは、現場で作業されている人の安全です。次に良い商品になるよう品質・仕上がりに注意を払って気を抜かないことです。
現場では毎日いろいろな作業があり危険も様々なので、日々安全に対しては特に気をひきしめて望んでいます。
ひとつひとつ工程のつみ重ねが完成につながるため、気を抜かず、特に品質には強いこだわりをもっています。
また、契約した工期内に完成し、お客様が求めている品質であることはもちろん、専門業者としての高い品質で仕上げる気持ちを常に強く持って仕事をしています。

これからの挑戦

新しい資格を取得し仕事の範囲を広げたい

現在、電気施工管理技士の資格に挑戦しています。
電気・機械設備両方の現場管理の仕事に携われることをめざしています。

就活生へのメッセージ

自分自身が成長できる会社です

まったく機械設備工事についてわからず知識ゼロで入社しましたが、一生懸命さと積極的に学ぼうという気持ちがあれば、まわりの方々が支えてくださるので困ったことはありませんでした。入社後は他の社員にフォローしていただき親身に教えてもらい、なんとかなるものだと感じています。
やりがいのある仕事ですので、是非勇気をもって飛び込んでください。大丈夫ですよ。

※本ページの情報は作成時のものとなります。

募集要項・エントリー

新卒、既卒、就業経験の有無に関わらず、私たちと共に成長していく方を募集します。

© copyright NOSEYO CO., LTD. All rights reserved.
ページトップへ